Hatena::Groupgeneration1986

omote87 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ura87 no omote

メインのブログ(d:id:kiwofusi)は日本語の読めるひとみんなに読んでもらいたいので、作業メモやソースコードなどはこちらに書きます。

|

2009年11月17日(火)

[][]情報編纂研究会 キックオフ・シンポジウム 開催のお知らせ 18:01 はてなブックマーク - 情報編纂研究会 キックオフ・シンポジウム 開催のお知らせ - omote87 情報編纂研究会 キックオフ・シンポジウム 開催のお知らせ - omote87 のブックマークコメント

ウェブ上に情報が見当たらないので転載します。

人工知能学会MLAI 学会 情報編纂研究会キックオフ・シンポジウム」 情報編纂研究会 キックオフ・シンポジウム 開催のお知らせ

情報編纂は、情報の理解とそれへのアクセスを支援するため
の基盤技術として、人工知能学会全国大会近未来チャレンジ
にて提案されました。我々の回りに溢れている雑多かつ大量
の言語情報そして非言語情報を統一的に扱い、利用者の興味
関心にあわせて、言語や図表等、複数のモードを協調させた
形での対話的な要約やアクセスインタフェースを作り出すこ
とで、概要理解や情報アクセスの支援を実現することが情報
編纂の目的です。

このたび、人工知能学会プロジェクト指向研究会として、情
報編纂研究会が発足し、活動を始めることになりました。情
報編纂研究会は、情報編纂に関わる研究の発表や討論の場で
あると同時に、評価の枠組みやプラットフォーム等の研究基
盤の検討を進めていく場にもしていきたいと考えています。
研究会のキックオフ・シンポジウムを下記の要領で開催いた
します。皆様、お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。

キックオフ・シンポジウムでは、情報可視化や情報分析の基
礎となるテキスト統計分析にお詳しい金明哲氏と、対話的な
概要理解や情報アクセスと関連の深いチャンス発見の提唱者
である大澤幸生氏にチュートリアル講演を頂きます。その後、
全国大会近未来チャレンジ等、情報編纂研究に関わるこれま
での流れをご報告し、研究会の進め方について、議論できれ
ばと考えています。

本シンポジウムは東京大学大学院総合文化研究科言語情報科
学専攻との共催で行われます。

人工知能学会 情報編纂研究会
東京大学 加藤恒昭



人工知能学会 情報編纂研究会 キックオフ・シンポジウム

日時  2009年11月20日(金)13:00~
場所  東京大学 駒場キャンパス
18号館4階コラボレーションルーム3
参加費 無料

次第
13:00-13:15 挨拶
13:15-14:30 チュートリアル講演 金明哲氏(同志社大学)
「統計的テキスト処理と情報編纂」
量的データやカテゴリカルデータの処理方法として統
計学がある。統計学では、得られた大量のデータにつ
いて統計量の算出、モデリング、視覚化などの方法で
情報処理を行う。データの統計処理は、情報編纂の1つ
の手法とみなすことができる。本チュートリアルでは、
実例を用いて統計的手法によるテキスト型データの処
理方法(統計法則と指標、ネットワーク分析、確率モデ
ルと情報量、差異の判定、特徴や話題分析、グルーピ
ング分析、分類分析、時系列分析など)に関する基本概
念、技法、ツールについて解説する。
14:30-15:45 チュートリアル講演 大澤幸生氏(東京大学)
「チャンス発見において探索とは何か
~ Latent Dynamicsへのシステムズ・アプローチ~」
チャンス発見(意思決定を左右する事象の発見)とは、
価値の破壊と生成の潜在ダイナミクスを捉えることと
言い換えられる。それは、環境変化の感得と想起から
生成したデータを可視化し、価値を生むシナリオを探
索し実行する技法である。シナリオの価値を評価する
のは人であり、コンピュータは静かに探索地図を示し、
人に思考と会話の環境を与えるのみに徹する。どこま
でも人手を基盤とするアプローチを選んだ経緯を振り
返りたい。
休憩
16:00-16:20 報告 加藤恒昭(東京大学)
「情報編纂のこれまで、そしてこれから」
情報編纂について、どのような関心・テーマで研究が
進められてきたかを概観することで、情報編纂研究の
コンセプトを再整理するとともに、関連する研究活動
であるMuST:動向情報の要約と可視化についても触れ、
利用可能な研究資源を紹介する。研究の評価のための
枠組みと研究を加速する様々な研究資源の必要性を指
摘し、今後の方向性についての議論の口火を切る。
16:20-17:00 パネル討論
「私にとっての情報編纂」
これまで情報編纂に関わってきて頂いた方々数名から
ご意見を頂き、それを足掛かりに情報編纂と研究会の
今後について議論する。パネリストについては現在交
渉中。

参加人数を把握させて頂きたいと思いますので、参加をご予
定の方は、kato@boz.c.u-tokyo.ac.jpまで簡単なメイルをお
送り下さい。
トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20091117

2009年10月17日(土)

[][][]ユーザスタイルシートでアンケートサイトを快適に 23:44 はてなブックマーク - ユーザスタイルシートでアンケートサイトを快適に - omote87 ユーザスタイルシートでアンケートサイトを快適に - omote87 のブックマークコメント

ひきこもっていてひまだったのでポイントサイトのたぐいに登録してみた。なかにはすごくユーザビリティに優れたものもある。しかしラベル要素を使わないところもざらにある。せめてラジオボタンやチェックボックスを大きくして快適にしたい。ということが、簡単にできた。

ユーザCSS

ユーザーCSSのカスタマイズ - Mozilla Firefox まとめサイト:概要。ブラウザの外観も変えられるのかあ。

usercontent.css - Mozilla Firefox まとめサイト:具体的にユーザスタイルシートを書くときに。

Stylish - Mozilla Firefox まとめサイト:このツールを使ってみた。

Stylishを使ってユーザスタイルシート

ボイスポートでやってみた。ボイスポートのアンケート回答ページを開いてStylishをクリックし「新しいスタイルを書く」から回答ページのドメインを指定する。

f:id:kiwofusi:20091017234109p:image

そしたらCSSが編集できる。ドメインの部分の内側にCSSを書く。元のスタイルを上書きするために" !important"を追加する。ラジオボタンとチェックボックスを大きくしたいので最小サイズを大きくした。「お試し」で反映される。名前をつけて「保存」すれば完了。

f:id:kiwofusi:20091017234102p:image

こんな感じになる(キャプチャしていなかったのでサンプルで)。ほかのドメインでも同様にできるでしょう。

f:id:kiwofusi:20091017234050p:image

その他

Restyle the web with Stylish! | userstyles.org

ほかのスタイルを取り込んだり、公開するときにはこちらが便利かも。Stylishにインストールしたり、ユーザスクリプトでインストールしたりできる。

トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20091017

2009年10月01日(木)

[][][]TumblrのテーマをAutoPagerizeLDRizeに対応させる 17:46 はてなブックマーク - TumblrのテーマをAutoPagerizeとLDRizeに対応させる - omote87 TumblrのテーマをAutoPagerizeとLDRizeに対応させる - omote87 のブックマークコメント

自分のTumblrmine関数)のテーマを変えてみた。テーマによってAutoPagerizeLDRizeがうまくいかないのでいい感じ: microformatsを体感する:TumblrのAutoPagerize+LDRize対応を参考にカスタマイズした。

AutoPegerizeへの対応は、メインコンテンツをautopagerize_page_element hfeedクラスのブロックに入れ、リンクにrel="next"属性をつける。メインコンテンツをhfeedクラスのブロック、各ポストをhentryクラスのブロックにし、hetnry中のパーマリンクにrel="bookmark"属性をつけることでLDRizeとReblogコマンドに対応できる。

気に入ったテーマ(Color Shades)がぺージを開くたびにJavascriptを実行して色を変更する形式だったので AutoPagerize_DOMNodeInsertedイベントでページ継ぎ足しのたびにスクリプトを再実行するようにした(AutoPagerizeで継ぎ足された部分に自分のスクリプトを適用する方法あれこれ - 0xFF)。

修正したテーマ

AutoPagerizeへの対応(CSS追加、PostNotesブロックの位置を変更、Javascriptの再実行)、LDRizeへの対応、その他ちょこっとした変更。

元テーマ:Color Shades

AutoPagerizeの2ページ目以降の継ぎ足しに失敗するときは{NextPage}の前に自分のTumblrのURLを追加するとよいです)

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="en" lang="en">
  <head>
    <meta name="color:Default 1" content="#468966"/>
    <meta name="color:Default 2" content="#FFF0A5"/>
    <meta name="color:Default 3" content="#FFB03B"/>
    <meta name="color:Default 4" content="#B64926"/>
    <meta name="color:Default 5" content="#8E2800"/>
    
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"/>
    {block:Description}<meta name="description" content="{MetaDescription}" />{/block:Description}
    <title>{Title}{block:PostTitle} - {PostTitle}{/block:PostTitle}</title>
    <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="{RSS}"/>
    
    <link rel="icon" href="{Favicon}"/>

    <script type="text/javascript">
      var themes = {"default":      ["{color:Default 1}","{color:Default 2}","{color:Default 3}","{color:Default 4}","{color:Default 5}"],
                    "dolores":      ["E8E595","D0A825","40627C","26393D","FFFAE4"],
                    "grannysmith":  ["85DB18","CDE855","F5F6D4","A7C520","493F0B"],
                    "indian":       ["C98B2F","803C27","C56520","E1B41B","807916"],
                    "jambajuice":   ["ca3995","f58220","ffdf05","bed73d","61bc46"],
                    "sandstone":    ["E6E2AF","A7A37E","EFECCA","046380","002F2F"],
                    "olive":        ["B4AF91","787746","40411E","32331D"],
                    "coolrunnings": ["FFF8E3","CCCC9F","33332D","9FB4CC","DB4105"],
                    "bw":           ["FFF8E3","33332D"],
                    "neutralblue":  ["FCFFF5","D1DBBD","91AA9D","3E606F","193441"],
                    "bananaflambe": ["F0C755","E2AD3B","BF5C00","901811","5C110F"],
                    "denim":        ["4F5D73","65758D","313E57"],
                    "winters-end":  ["E6D1AA","587265","3D3A24","342F29","A14727"],
                    "sumatra":      ["1A1D20","667371","2E3538","57495A","3A2C3A"]
      };
    </script>
    
    <script src="http://static.tumblr.com/bqyeqv2/DmWkoqylp/colorshades-compressed.js" type="text/javascript"></script>
    <style type="text/css">
    hr.autopagerize_page_separator{display:none;}
    p.autopagerize_page_info{text-align:center; margin:0; padding: 5px 0 5px 0; background-color:#000000; color:#FFFFFF;}
    p.autopagerize_page_info a{color:#FFFFFF;}
    blockquote{margin-left:1em; margin-right:0;}
        body {
            color:            black;
            margin:           0px;
            background:       white;
            font-family:      'Lucida Grande', Helvetica, sans-serif;
            width: 100%;
        }
        div.outer_content {
            width: 100%;
        }
        div.content {
            width:            510px;
            margin:           auto;
            position:         relative;
            padding: 30px 30px 30px 30px;
        }

        a {
            color:            black;
        }

        h1 {
            padding:          25px 0px 25px 0px;
            margin:           0px;
            text-align:       center;
            font:             Normal 65px Georgia, serif;
            line-height:      60px;
            letter-spacing:   -1px;
            opacity:          0.9;
            -moz-opacity:     0.9;
            filter:           alpha(opacity=90);
        }
        h3 {
          margin-top: 0;
          margin-bottom: 0;
        }
        
        h1 a {
            text-decoration:  none;
        }

        div#description {
            position:         absolute;
            left:             600px;
            width: 300px;
            font:             Normal 14px Verdana,sans-serif;
            line-height:      20px;
        }

        div.post {
            position:         relative;
        }

        div.post div.date a {
            padding: 10px;
            text-decoration: none;
        }

        div.post div.date {
            position:         absolute;
            right:            565px;
            text-align:       right;
            width:            200px;
            white-space:      nowrap;
            font:             Bold 20px Helvetica, sans-serif;
            text-align:       right;
            letter-spacing:   -1px;
            padding:          5px 5px 5px 5px;
            line-height:      20px;
            text-transform:   none;
        }

        div.commentholder {
            width:            500px;
            padding:          5px 5px 5px 5px;
        }

        div.commentholder div.comment_name {

            width:            100px;
            float:            left;
            font:             Bold 18px Helvetica, sans-serif;
            text-align:       right;
            margin-bottom:    5px;
        }

        div.commentholder div.comment_body {
            float:            left;
            font:             16px Georgia, sans-serif;
            text-align:       left;
            padding-left:     20px;

        }

        div.post div.date em {
            font-style:       normal;
        }

        div.post div.date big {
            font-size:        30px;
        }

        div.post h2 {
            font:             Normal 28px Georgia, serif;
            letter-spacing:   -1px;
            margin:           0px 0px 10px 0px;
        }
        
        div.post h2 a {
            text-decoration:  none;
        }

        /* Regular Post */
        div.post div.regular {
            font-size:        14px;
            line-height:      19px;
        }

        div.post div.regular img { max-width: 100%; }

        div.post div.regular blockquote {
            font-style: italic;
        }
        
        /* Photo Post */
        div.post div.photo img {
            border:           solid 5px black;
        }

        div.post div.photo div.caption {
            font-size:        14px;
            margin-top:       5px;
        }
        
        div.post div.photo div.caption a {

        }
        
        /* Quote Post */
        div.post div.quote span.quote {
           
        }

        div.post div.quote span.short {
            font:             Normal 28px Georgia, serif;
            line-height:      34px;
        }

        div.post div.quote span.medium {
            font:             Normal 23px Georgia, serif;
            line-height:      27px;
        }

        div.post div.quote span.long {
            font:             Normal 16px Georgia, serif;
            line-height:      20px;
        }

        div.post div.quote span.quote a {

        }

        div.post div.quote span.quote big.quote {
            font-weight:      bold;
            font-size:        60px;
            line-height:      8px;
            vertical-align:   -20px;
        }
        
        div.post div.quote span.source {
            font-size:        16px;
            letter-spacing:   -1px;
        }

        div.post div.quote span.source a {

        }
        
        /* Link Post */
        div.post .biglink {
            font:             Bold 30px Helvetica, sans-serif;
            letter-spacing:   -1px;
            text-decoration:  none;
            border-bottom:    dotted 1px black;
            line-height:      33px;
        }

        div.post div.link div.description {
            font-weight:      normal;
            font-size:        14px;
            line-height:      17px;
            margin-top:       5px;
        }

        div.post div.link div.description a {
            font-weight:      normal;
            font-size:        14px;
            line-height:      17px;
        }
        
        /* Conversation Post */
        div.post div.conversation ul {
            list-style-type:  none;
            margin:           0px;
            padding:          0px;
        }
        
        div.post div.conversation ul li {
            font-size:        12px;
            padding:          4px 0px 4px 8px;
        }
        
        div.post div.conversation ul li span.label {
            font-weight:      bold;
        }
        
        /* Video Post */
        div.post div.video {
            width:            500px;
            margin:           auto;
        }

        div.post div.video div.caption {
            font-size:        14px;
            margin-top:       5px;
        }
        
        div.post div.video div.caption a {
            color:            black;
        }

        /* Footer */
        #footer {
            margin: 0;
            padding-top: 20px;
            text-align:       center;
            font-size:        22px;
        }
        
        #footer a {
            text-decoration:  none;
        }
        
        #footer a:hover {
            text-decoration:  underline;
        }

        #footer p.tiny {
            margin:           50px 0px 0px 0px;
            font-size:        10px;
        }
        
        #footer p.tiny a {
            text-decoration:  underline;
        }
        div#swatch_container {
          width: 104px;
          position: absolute;
          z-index: 100;
          right: 20px;
          top: 35px;
          margin: auto;
          border: 0;
          height: 135px;
        }
        body > div#swatch_container {
          position: fixed;
        }

        #swatches {
          height: 100px;
          overflow: hidden;
        }

        .swatch {
          width: 20px;
          height: 20px;
          float: left;
        }
        .swatch_holder {
          border: 1px solid white;
          background: #000;
          padding: 1px;
          height: 20px;
          margin-bottom: 1px;
          position: relative;
        }
        .scroller {
          width: 104px;
          text-align: center;
          padding-top: 4px;
          padding-bottom: 4px;
          cursor: pointer;
          cursor: hand;
        }
        .normal_link {
            font-size: 14px;
            font-weight: normal;
        }
        ol.notes {
            padding: 0px;
            margin: 25px 0px;
            list-style-type: none;
        }

        ol.notes li.note {
            padding: 10px;
        }

        ol.notes li.note img.avatar {
            vertical-align: -4px;
            margin-right: 10px;
            width: 16px;
            height: 16px;
        }

        ol.notes li.note span.action {
            font-weight: bold;
        }

        ol.notes li.note .answer_content {
            font-weight: normal;
        }

        ol.notes li.note blockquote {
            padding: 4px 10px;
            margin: 10px 0px 0px 25px;
        }

        ol.notes li.note blockquote a {
            text-decoration: none;
        }
        .under_date, .under_date a {
          font-size: 12px;
        }
        div.navleft {
          float: left;
          width: 50%;
          text-align: left;
        }
        div.navright {
          text-align: right;
          float: right;
          width: 50%;
        }
        {CustomCSS}
    </style>

    <!--[if lt IE 7]>
        <style type="text/css">
            div.post div.date {
                right: 600px;
            }
        </style>
    <![endif]-->
  </head>
  <body>
    <div id="swatch_container">
      <div onmouseout="stopScrolling();" onmouseover="scrollDivUp('swatches');" class="scroller"><img  src="http://static.tumblr.com/bqyeqv2/MEZkhbyzn/up.gif"></div>
      <div id="swatches"></div>
      <div onmouseout="stopScrolling();" onmouseover="scrollDivDown('swatches');" class="scroller"><img src="http://static.tumblr.com/bqyeqv2/LMfkhbz0b/down.gif"></div>
    </div>
    <div class="outer_content">
      <div class="content">
        <h1><a href="/">{Title}</a></h1>
        {block:Description}
        <div style="text-align: center">{Description}</div>
        {/block:Description}
      </div>
    </div>
    {block:SearchPage}
    <div class="outer_content">
      <div class="content">
        <div class="date">
          {SearchResultCount} result(s)
        </div>
        <div class="regular bodypart">
          searched for <em>{SearchQuery}</em>
        </div>
      </div>
    </div>
    {/block:SearchPage}
    <div class="autopagerize_page_element hfeed">
    {block:Posts}
      <div class="outer_content hentry">
        <div class="content">
          <div class="post">
            {block:NewDayDate}
            <div class="date">
              <a href="{Permalink}" class="permalink" rel="bookmark">{ShortDayOfWeek}
                <em>
                  {ShortMonth}
                  <big>{DayOfMonth}</big>
                </em>
              </a><br />
              
              {block:Pagination}
              <a href="{Permalink}" class="permalink"><span class="under_date">{NoteCountWithLabel}</span></a><br />
              {/block:Pagination}
              {block:SearchPage}
              <a href="{Permalink}" class="permalink"><span class="under_date">{NoteCountWithLabel}</span></a><br />
              {/block:SearchPage}
              {block:PermalinkPage}
              <a href="/" class="permalink"><span class="under_date">home</span></a><br />
              {/block:PermalinkPage}
              {block:RebloggedFrom}<span class="under_date">via<a href="{ReblogParentURL}">{ReblogRootName}</a></span><br />{/block:RebloggedFrom}
            </div>
            {/block:NewDayDate}
          
            {block:SameDayDate}
            <div class="date">
              <a href="{Permalink}" class="permalink" rel="bookmark">+</a><br />
              <a href="{Permalink}" class="permalink"><span class="under_date">{NoteCountWithLabel}</span></a><br />
              {block:RebloggedFrom}<span class="under_date">via<a href="{ReblogParentURL}">{ReblogRootName}</a></span><br />{/block:RebloggedFrom}
            </div>
            {/block:SameDayDate}

            {block:Regular}
            <div class="regular bodypart">
              {block:Title}<h2><a href="{Permalink}" rel="bookmark">{Title}</a></h2>{/block:Title}
              {Body}
            </div>
            {/block:Regular}
        
            {block:Photo}
            <div class="photo bodypart">
              {LinkOpenTag}<img src="{PhotoURL-500}" alt="{PhotoAlt}"/>{LinkCloseTag}<br/>
              {block:Caption}
                <div class="caption">{Caption}</div>
              {/block:Caption}
            </div>
            {/block:Photo}
        
            {block:Quote}
            <div class="quote bodypart">
              <span class="quote {Length}">
                <big class="quote {Length}">&#147;</big> {Quote}
              </span>
              {block:Source}<span class="source">{Source}</span>{/block:Source}
            </div>
            {/block:Quote}
        
            {block:Link}
            <div class="link bodypart">
              <a href="{URL}" class="biglink">{Name}</a>
              {block:Description}
              <div class="description">{Description}</div>
              {/block:Description}
            </div>
            {/block:Link}
        
            {block:Conversation}
              <div class="conversation bodypart">
                {block:Title}<h2><a href="{Permalink}">{Title}</a></h2>{/block:Title}
                <ul>
                  {block:Lines}
                    <li>
                      {block:Label}<span class="label">{Label}</span>{/block:Label}
                      {Line}
                    </li>
                  {/block:Lines}
                </ul>
              </div>
            {/block:Conversation}
        
            {block:Video}
              <div class="video bodypart">
                {Video-500}
                {block:Caption}
                  <div class="caption">{Caption}</div>
                {/block:Caption}
              </div>
            {/block:Video}
            {block:Audio}
              <div class="audio bodypart">
                {AudioPlayerGrey}
                <div class="caoption">{Caption}</div>
              </div>
            {/block:Audio}
          </div>
        </div>
      {block:PermalinkPage}
        {block:PostNotes}
        <div class="outer_content">
          <div class="content">
            <div class="post">
              <h3>Notes</h3>
              {PostNotes}
            </div>
          </div>
        </div>
        {/block:PostNotes}
      {/block:PermalinkPage}
      </div>
    {/block:Posts}
    </div>
    <div class="outer_content autopagerize_insert_before">
      <div class="content">
        <div id="footer">
          {block:Pagination}
          {block:PreviousPage}
          <div class="navleft">
            <a href="{PreviousPage}" rel="prev">&larr;&nbsp;previous</a>
          </div>
          {/block:PreviousPage}
          {block:NextPage}
          <div class="navright">
            <a href="{NextPage}" rel="next">next&nbsp;&rarr;</a>
          </div>
          {/block:NextPage}
          {/block:Pagination}
          {block:PermalinkPagination}
          {block:NextPost}
          <div class="navleft">
            &larr;&nbsp;<a href="{NextPost}" rel="next">next post</a>
          </div>
          {/block:NextPost}
          {block:PreviousPost}
          <div class="navright">
            <a href="{PreviousPost}" rel="prev">previous post</a>&nbsp;&rarr;
          </div>
          {/block:PreviousPost}
          {/block:PermalinkPagination}
          <div style="clear: both"></div>
          <p class="tiny">
              Subscribe via <a href="{RSS}">RSS</a> &nbsp;/&nbsp;
              powered by <a href="http://gondaba.com/post/88531930/color-shades-theme-released" target="_new">gondaba.com's color shades</a> &amp; <a href="http://tumblr.com/" target="_new">Tumblr</a> &nbsp;/&nbsp;
              thanks <a href="http://kuler.adobe.com/" target="_new"> Kuler</a>
          </p>
        </div>
      </div>
    </div>
    <!-- don't remove this -->
    <script type="text/javascript">
    doColors();
    setupSwatches();
    document.body.addEventListener('AutoPagerize_DOMNodeInserted',function(evt){
      var node = evt.target;
      var requestURL = evt.newValue;
      var parentNode = evt.relatedNode;
      // 処理
      doColors();
    }, false);
    </script>
  </body>
</html>
トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20091001

2009年09月22日(火)

[][]LDRizeTumblrをReblog 14:15 はてなブックマーク - LDRizeでTumblrをReblog - omote87 LDRizeでTumblrをReblog - omote87 のブックマークコメント

久しぶりにTumblrでもしようと思って、以前うまくいかなかったReblog関係のグリモンを試す。

MinibufferAutoPagerizeLDRizeの順で最新版をインストールした。LDRize Mibuffer tumblr reblog command for Greasemonkeyをインストールし説明のとおりやってみるがうまくいかない。

代わりにreblogcommand.user.js - CodeReposをインストールする。LDRizeでカーソルを合わせて「t」を押すだけでReblogできた。Reblog成功のメッセージも出る。ピンを立ててReblogもできる。

参考:kisatonomori - Firefox - LDRize+Autopagerize、Minibufferとブログへの対応

[][][]Ubuntu8.04のスワップをオフ、RAMディスクを追加 14:00 はてなブックマーク - Ubuntu8.04のスワップをオフ、RAMディスクを追加 - omote87 Ubuntu8.04のスワップをオフ、RAMディスクを追加 - omote87 のブックマークコメント

Let's note W4にアドテックのメモリ(ADS4200P-1G)を増設して1.5Gになった。Ubuntu8.04でも認識されたのでスワップの無効化とブラウザのキャッシュ用にRAMディスクの追加を試した。

「$ swapoff -a」でスワップが無効になった。これを起動時にもおこなうために/etc/fstabを書き換える。よくわからないので「swap」が含まれる行に「#」でコメントアウトした。再起動するとスワップが0になった。

Ubuntu Manpage: swapon, swapoff

RAMディスクは以下を参考にしたがうまくいかなかった。コマンドを入力しても引数がまちがっているのかヘルプが表示される。Firefoxの設定でディスクキャッシュをオフにしたので、これでもよさそう?

UbuntuでもRAMdisk利用(とりあえずFireFox高速化) - Winux/Lindows

tmpfsについてtmpfs は本当に容量が動的なのか - naoyaのはてなダイアリーが参考になった。サーバのパフォーマンス向上にも実用的らしい。今回はうまくいかなかったが、そのうち有効に使える機会が出てくるかもしれない。

トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20090922

2009年08月28日(金)

[][]コンテンツ学会 サマースペシャル企画 Twitter(#cgakkai)ログまとめ 02:17 はてなブックマーク - コンテンツ学会 サマースペシャル企画 Twitter(#cgakkai)ログまとめ - omote87 コンテンツ学会 サマースペシャル企画 Twitter(#cgakkai)ログまとめ - omote87 のブックマークコメント

コンテンツ学会 サマースペシャル企画 10日連続研究会シリーズ

会場に足を運ぶことはありませんでしたが、ネットを通じて楽しませてもらいました。関係者のかた、Twitterで盛り上げてくださったかた、どうもありがとうございました。

関係者のTwitterアカウント

知っている範囲で。

コンテンツ学会事務局:@contents_gakkai、金正勲さん:@kimkeio、岡本真さん:@arg、楠正憲さん:@masanork、津田大介さん:@tsuda

ハッシュタグ #cgakkai のTwittterログまとめ

第1回 渡辺弘美「日本はネットネイティブな国になれるのか」

第2回 武山政直「代替現実ゲームと消費者エンゲージメント」

第3回 多田彰「Web 2.0の最新トレンド」

第4回 岡本真「コラボのためのプラットフォーム設計ーARGを事例に」

第5回 藤元健太郎「台頭するライフログビジネス」

第6回 福井健策「データベース化する世界と、著作権の課題 −Google和解期限を目前に−」

第7回 森祐治「日本コンテンツ海外展開の過去・現在とリバイバルプラン」

第8回 楠正憲「ネット上の犯罪事案に対する事業者の対応と制度の国際動向」

第9回 津田大介「コンテンツビジネスと著作権-最新動向」

第10回 前田智之「東京ガールズコレクションでの招致活動を中心に」

トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20090828

2009年08月24日(月)

[][][]NetBeans導入 15:08 はてなブックマーク - NetBeans導入 - omote87 NetBeans導入 - omote87 のブックマークコメント

チュートリアル http://www.netbeans.org/kb/trails/java-se_ja.html

入門 http://www.okisoft.co.jp/esc/netbeans/netbeans01.html

Rails http://sdc.sun.co.jp/java/series/nb6/200806.html

UML http://net-3.blogspot.com/2009/02/netbeans-65-uml.html

プラグイン開発 http://codezine.jp/article/detail/380

設定した

整形の調整、行番号の表示、タブのオン

タブ文字、改行文字の表示ができない。そういうプラグインをつくりたい。

カーソル移動をキーマップ(挿入ポイント)

プロジェクト作成

http://www.netbeans.org/kb/docs/java/quickstart_ja.html

アプリケーションの配備って?

実行(F6)

クラスライブラリ

http://www.netbeans.org/kb/docs/java/javase-intro_ja.html

テスト:ツール→JUnitテスト→テストを作成(Ctrl-Shif-U)

 assertEquals("Correct value", 結果, 変数);

 実行→テスト(Alt-F6)、ブレークポイント(Ctrl-F8)、ステップイン(F7)

トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20090824

2009年07月09日(木)

[]出来事のidentify 22:47 はてなブックマーク - 出来事のidentify - omote87 出来事のidentify - omote87 のブックマークコメント

さきほどのイベント(2009年7月9日 『パターン、Wiki、XP 』刊行記念トークセッション「時を超えた創造の原則」 - omote87)と、「セマンティックなマーク付けとメタデータ活用」に参加してきました - ALPHA LABEL: アルファラベルというレポートを読んで、セマンティックウェブについて考えました。雑多になりますが周辺のやりとりも含めてアップします。せっかくコメントをいただいたのに妄想を垂れ流すばかりで申し訳ありません。

kiwofusi なんとなく、ビジネスインテリジェンスとかセマンティックウェブというのはイノベーションからはかけ離れているという印象があるのだけれど、ただの印象だし、べつにだからわるいというつもりもない。 link
kiwofusi イベントとウェブ上のリソースを結びつけられると情報収集がとても楽になりますね。Twitterのハッシュタグはまさにそれだし、それ以外のブログ記事なんかも人手のまとめに頼らずにしゃきーんと整理されればいい。 link
kiwofusi つまり現実世界の出来事を一意に識別できるとおもしろそう。たとえば同じ出来事がYahooニュースとかmixiニュースを取り巻く議論に分散されたりするわけだけど、もっと根本な、出来事のURIを用意してほかのリソースを結びつけられるといい。 link
myrmecoleon @kiwofusi 出来事のURN? 時間と場所とかで指定するのかな。 link
TERRAZI @kiwofusi つまりは共通の名前付けって事かな。たとえば地震なんかだと「阪神淡路大震災」って共通の名前があるから、くくることが出来るわけだ。URIだと、やっぱりエポック秒と場所って感じかなぁ。 link
kiwofusi @myrmecoleon ぜんぜん考えてないですw 難しそうですね! link
kiwofusi てきとうに妄想したら「時間と場所」という共通のアドバイスがきておもしろい! (via @myrmecoleon @TERRAZI ) link
myrmecoleon @kiwofusi twitterの各ポストにGPS情報とか載ってると「あ,この人は何分前にここでポストしたのか」とか分かりますよね。そんなノリで,ニュース記事とかテレビ中継とかもGPS情報のってたりするとそれで検索したりできそうな気はしますねー。 link
dietrich_avatar @kiwofusi ついでに今はセンサの類で場所が分かれば時間がわかる(とその逆も)なので一つでいけます link
kiwofusi ユニバーサルを考えるから難しいわけで、ハッシュタグとか個々のニュースサイトの記事をローカルな出来事アイデンティファーとも考えられるかもしれない。し、そういうものでだいたい現実的には実用十分かも。 link
myrmecoleon まあ出来事を客観的に記述するとしたら時間と場所なんだよなー。理想をいえば高さも。本当なら地球を基準にしない方が正しいのかもだけど link
myrmecoleon で,出来事のIDはそれとしてそこのメタデータにそこにいた「人」の一意なIDとかがメタデータとして関連付けられてるといい感じ。あとはその場所への言及とか映像とか音声とかに出来事のIDをつけて検索しやすく。 link
kiwofusi URIのUはユニバーサルじゃなくてUniformだった/// link
TERRAZI @myrmecoleon 宇宙座標!宇宙歴! link
myrmecoleon @TERRAZI ああでも,地球に対する相対座標がとれれば,ある地球時間における宇宙座標上の位置も計算できそうですね。 link
dietrich_avatar 面倒なところを言うとイベントが動的なものでそれへの言及とかが静的なものになるからメタデータの記述としては共通化しづらいこととか。例えば今ちょうど取り組んでるところだと、博物館の展覧会のメタデータとその成果物であるところの図録のメタデータをどう同じシステム上で関連付けるか、みたいな link
myrmecoleon 時間のほうは相対論があれあれなので考えても無駄な気がするな。亜光速飛行時代の歴史年表ってどうなるんだろうね。特許の先発明主義とか著作権の発生とかも link
dietrich_avatar あと展覧会に出品された資料も。現代美術だと期間中に作家が乗り込んできて制作してそのまま展示とかあるし、図録も事前と事後で全く違ったり link
myrmecoleon @dietrich_avatar 図録は展覧会の一部とみなしてまとめるとか? 展覧会終わったあとの報告記事とかもどうなるんでしょうね。 link
koizuka @myrmecoleon 地球はぶんぶんぐるぐる回ってるから、地球外を基準にするとひどいことになるw link
kiwofusi 「出来事」まで抽象化すると難しいけど、イベント情報ならmicroformatsでhCalenderのsummary, dtstart, locationでidentifyできそう。 http://vosegus.org/guidelin... link
myrmecoleon 展覧会って,美術品のオフ会みたいなもんだと考えると面白いかものう。 link
kiwofusi 本気で出来事をidentifyしたいなら、そもそも意味のあるひとかたまりの出来事をどうやって認識するのか、という点が難しい。他方でイベントは社会的にだれかの意図でおこなわれる、はじめから名前がついている、のでリソースとして扱いやすい。 link
dietrich_avatar @myrmecoleon あくまでも今のところ自分が考えてる者の話ですが、展覧会情報をシステム上でエンティティとして扱う場合は別扱いで、物品+会場+関連資料+その他の「コレクション」としてくくったときにのみ現れるものとする場合は何分冊でも一部ですね。 link
myrmecoleon @koizuka まあむこう半世紀は一般では使う必要がないでしょうねw>地球外基準の座標 link
myrmecoleon @dietrich_avatar 図録は展示してるわけじゃないですからねー 展覧会って展示を担当した学芸員の人とかはどういう扱いになるんですか? link
dietrich_avatar @myrmecoleon 基本的には図録の著者ですね>展覧会担当者 link
kiwofusi 人間がリソースをidentifyにはやはり名前が重要なのだろう。ならコンピュータ可読なURIが人間の知能を超えてはたらくのは人間なら「わざわざ識別する気にもなれない」雑多なリソースに無機質なURIを与えて処理可能になってからなのかもしれないしいまの僕からみればそれは「意味がない」 link
dietrich_avatar 著者というかDCの「情報資源の内容に責任を持つ実体」か。それならdc:contributorでもいいのか link
kiwofusi とはいえとりあえず言いたいのは、Twitterのハッシュタグみたいな極めてシンプルな機能も、それだけでけっこううれしい、ってことですが。 link
myrmecoleon identifyには名前が必要だけど,それを自然語でしようとすると一意性とか表記ゆれとかで結局客観的なメタデータをつける羽目になりそう。 link
myrmecoleon @kiwofusi twitterも日本語ハッシュタグに対応してくれるといいんですけどねー。 link
kiwofusi セマンティックウェブというのは(Strongな)人工知能やロボットに比べて「夢のような未来」を思いえがきにくい感じがする。ああ、セマンティックユビキタスとかいえばいいのか(笑) link
myrmecoleon @dietrich_avatar ああ。イコールになるんですね。なるほど link
kiwofusi アンビエントセンシングセマンティックファインダブルウェブ link
kiwofusi いま実用的だと思う、リソースとリンクされるイベントidentiferは、イベントの公式告知ページ&そのはてブの「このエントリーを含むエントリー」かな。はてなブックマークがはてなダイアリー間を超えるかたちで文書のリンクを拾ってくれるのはとてもありがたい。 link
kiwofusi いや、イベント名でブログ検索すればいいだけかw link

参考:Twitterログのまとめ方(Tween+Excelマクロ編) - さまざまなめりっと - はてなグループ::ついったー部

[][][]2009年7月9日 『パターン、WikiXP 』刊行記念トークセッション「時を超えた創造の原則」 21:03 はてなブックマーク - 2009年7月9日 『パターン、Wiki、XP 』刊行記念トークセッション「時を超えた創造の原則」 - omote87 2009年7月9日 『パターン、Wiki、XP 』刊行記念トークセッション「時を超えた創造の原則」 - omote87 のブックマークコメント

インフォメーション:7月9日に,ジュンク堂書店池袋本店にて『パターン、Wiki、XP 』(江渡浩一郎著)の刊行記念トークセッションが開催|gihyo.jp … 技術評論社

公式Twitterタグ:#patternwikixp

追記はてなブックマーク - kakutaniのブックマーク - patternwikixp

Ustream中継されていたので観ました。ジュンク堂のサイトでUstreamURLを告知しないのはいけないですね。

はじめの江渡さんのプレゼンは大ざっぱにメモをとったのですが、後半の議論はとてもエキサイティングでまともに中継できませんでした。議論をえがいた模造紙もおもしろかったのでぜひ公開してほしいですね。紹介された書籍のまとめも。

kiwofusi 司会(角谷?)「発売前なので『パターン、WikiXP』を通読したひとはいないはず。だから今回は本の内容を踏まえて勝手なことを話す会。どういう本か、どういうきもちで書いたのか、など」 #gihyo link
kiwofusi 江渡「本を書いたきっかけは2007年夏「オブジェクト倶楽部」で招待講演。アレグザンダーに詳しいかたなどにインタビューをして情報収集、ヘルプやレビューを経てなんとか完成。17日Ruby会議、31日アーバンコンピューティングシンポジウム、8月8日Wikiばなにも参加」 #gihyo link
kiwofusi 江渡「プログラミングで繰り返し表れるコードの書き方をデザインパターンという。普及している一方、パターンはよくないという主張もある。パタンとは何か、何がいいのか、という疑問をもった。」 #gihyo link
kiwofusi 江渡「エクストリームプログラミングにも興味をもった。クライアントを開発に取り入れるべきという意見は、ソフトウェア開発の方法論というより、業界構造を見直すべきというメッセージを受け取った」 #gihyo link
kiwofusi 江渡「アレグザンダーのパタンランゲージがデザインパターンに関係しているという意見がある。ネット経由で議論するときの土台になるのがデザインパターンでありXP。別物ではあるが、問題意識は共通している。」 #gihyo link
kiwofusi 江渡「アレグザンダーはまずデザインを数学的な問題に落とし込んだ。やかんは底が平らだ、などのかたちのもつ条件を組み合わせるのがデザインで、クリエイティブなイメージとは逆のもの。また自然都市との対比で人工都市を批判した。」 #gihyo link
kiwofusi (デザインパターンの前の発言)江渡「Wikiに興味を持った。独自のWikiエンジンqwikWebをいろんなひとと議論しながらつくった。機能追加にもいい・悪いがあることに気づいた。いい追加は「Wikiの本質」を強化するもの、しかしその本質を言い表せない。」 #gihyo link
kiwofusi 江渡「アレグザンダーは建築に繰り返し表れるかたちを集めた本を出す、これがパタンランゲージ。パタンをどのように使うべきかを扱い、建築家が主張に基づいた建築をできるようにする」 #patternwikixp link
kiwofusi 江渡「形を科学で扱うのは難しかった。本を書いてみての発見:デザインパターンの起源(ベックとカンニアガム)、パタンランゲージforソフトウェア開発がXPである、Wikiとパタンの関係が深い、Wikipediaは初期のWikiの思想に基づいている」 #patternwikixp link
kiwofusi さて、トークセッションが開始されたのでもうロギングが追いつかないです。 link
kiwofusi もう抜粋になるけど。 角谷(?)「XPをやっていくとチーム内のやり方ができてくる。形の通りできあがったら失敗、思ってなかったチームができちゃう、というのが成功。」 #patternwikixp link
kiwofusi (「生成」の議論を受けて)江渡「たしかに今回「創造」というより「生成」を扱った。デザインパターンは新しいものを生み出す力とは正反対。アレグザンダーのいうようないい生成とはべつ。アレグザンダーの思想が受け継がれたのがXPとかWiki」 #patternwikixp link
kiwofusi "The Nature of Order"知らなかった。 link
kiwofusi 「だんこがいよくわかってる」 link
kiwofusi 素朴に一般化するなら、ひとは急には成長しないし、でも天才的なひとはいるから、先人の知恵にはあやかりつつ地道にがんばるしかないよね、ってことか。 link
kiwofusi 『クリストファー・アレグザンダー』きたー。 link
kiwofusi 『パタンランゲージによる住宅の建設』おもしろそう! link
kiwofusi 8月8日Wikiばなもustあるかもらしい。 link
kiwofusi ust終了。 link

参考:Twitterログのまとめ方(Tween+Excelマクロ編) - さまざまなめりっと - はてなグループ::ついったー部

トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20090709

2009年07月05日(日)

[]GGD2の記録 00:53 はてなブックマーク - GGD2の記録 - omote87 GGD2の記録 - omote87 のブックマークコメント

初プレイは2009年3月24日。

★グージーグージーダンジョン
きをふし <水> ♂【星士】

LV:50 (exp.0/999)
HP:55(+1) MP:31(+11)
TP:7(+1) AP:8

攻:11 防:22(+1)
知:13(+6) 精:80(+18)
神:36(+6) 暗:25(+6)
練:15(-1) 過:15
器:5 移動:30(+2)

意:2(-1) 記:2(+1)
運:3(+1) 裏:4 ルーン:3

BONUS:0pt. JP:268pt.

お金:8887円 Ark:16891
<風に呼ばれし者><大地に呼ばれし者>
<空に呼ばれし者><太陽に呼ばれし者>

カルトフェイズ~ArkAge到来~
悟りCOUNT:5-1
  頭:星の髪飾り
  盾:魔方陣展開ツール
 武器:魔道の杖△1
マント:聖者△0
ベルト:スターベルト
 手首:魔ヶ玉の手首飾り
 指輪:万古
  靴:空飛ぶ靴
 左耳:竹のイヤリング
 右耳:耳たぶ
  首:首ねっこ
  腿:月狼布のレギンス
潜伏:2072回/死亡:185回/全滅:201回/敵殺:6221人
最下到達点:地下 38階
トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20090705

2009年06月20日(土)

[][][][]講演ログ:2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」 08:36 はてなブックマーク - 講演ログ:2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」 - omote87 講演ログ:2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」 - omote87 のブックマークコメント

2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」

この日のログ:g:twitter:id:kiwofusi:20090619

tsudaってみた感想:誰のためにtsudaる - 反言子

kiwofusi ミンスキー「ガッコウは考えることを教えない。なぜ心理学を教えないのか」 理想的には科目を学んでいく上で学習者がメタ認知を身につけるってことなんだろうなあ。 2009/06/19
18:07:01
link
kiwofusi ミンスキー「コンピュータ科学者は強化学習みたいなのをいっしょうけんめいやってきた。100年の歴史があるが、標準的な強化学習はおかしいし、次に何をやればいいのか示せなかった。」 2009/06/19
18:09:21
link
kiwofusi ミンスキー「心理学を教えないのは人間がまだ謎だらけだから。人間が考えるようなマシーンをつくりたい。たとえば10歳の子どもにプログラムをつくらせたい。10歳はもっともインテリジェントだ」 2009/06/19
18:14:22
link
kiwofusi ミンスキー「コンピュータサイエンスが重要なのはコンピュータそのものの科学ではないから。物理学は数学を使って現象を記述するが、現実の複雑な問題は解けない。しかし1980年代にコンピュータで太陽系が500万年は安泰であることを証明した。方程式で解けない問題が解けた」 2009/06/19
18:20:09
link
kiwofusi ミンスキー「いまの教育は標準的な答えを求める。正の強化学習という理論で動物もこのように学習する。人間にはもうひとつの学習がある。本能→Learned Reactions→デリバレイティブ思考→リフレクティブ思考→self思考(『脳の探検』)と、いろんなレベルがある。」 2009/06/19
18:25:16
link
kiwofusi ミンスキー「人間はどういう間違いがいけないかを考える。そのプロセスを飛ばして正しいことだけを教えるのはおかしい。」 2009/06/19
18:28:35
link
kiwofusi ミンスキー「進化は愚かなことだ。単純に適応するだけではすぐ絶滅する(ってことかな?)。強化学習はニューラルネットと同じで、本能に近い話。AIの分野で人気があるが、進化だけではうまくいかない。人間はうまくいかない例を学習する。」 2009/06/19
18:32:38
link
kiwofusi ミンスキー「積み木で三つのパーツでアーチをつくるという問題のセオリーがわかるか。画像ではわからない(ニューラルネットはそんな程度の試み)。柱が二本あって、てっぺんに一本あって、これらがsupportしているという関係を記号で表せる。人間はこういう記号をどんどん操作できる」 2009/06/19
18:38:45
link
kiwofusi 竹林「脳の探検買ってね!」 2009/06/19
18:47:10
link
kiwofusi 竹林「一年では読めないような本なので高くない」 この手の、ある分野をズドーンとまとめた本ってほとんど外国人ですよねえ。 2009/06/19
18:48:00
link
kiwofusi ちょっと聞き逃したけど「「すべきではない点を取り入れた研究」があってミンスキーは評価していた。 2009/06/19
18:50:55
link
kiwofusi ミンスキー「Microsoft Office is wonderful」 2009/06/19
18:53:15
link
kiwofusi ミンスキー「チョムスキーは言葉の並び方だけで意味を考えようとした。シンプルで有名な理論だが、おかしくはないか。他方でセマンティックスの問題はみんなわからないので仕事になりにくい。1985年にはだれも新しいプログラムを書かなくなった」 2009/06/19
18:55:32
link
kiwofusi ミンスキー「1964年に文章題を解けるプログラムをつくった。意味はわからないが、方程式のような関係をつくって解いた(バブルさん?)。1970年にもまたすごいのができた(グラウドさん)(聞き逃し)。難しい問題のほうが先にできて、簡単な問題はまだできない。」 2009/06/19
18:58:59
link
kiwofusi ミンスキー「幼児のコモンセンスをコンピュータに入れるプロジェクトがいまある。幼児も紐は引っ張れるが押せないという常識をもっている。ふたりの子どもが積み木で遊んでいるだけで10個のことを考える(積み木の構造、見た目、完成図など)。コンピュータにはできない、すごいことだ。」 2009/06/19
19:04:07
link
kiwofusi ミンスキー「1980年代でストップしたのは、間違いのない理論を組むことにこだわったから」 2009/06/19
19:07:39
link
kiwofusi ミンスキー「ジャーナルはみんなが読めないので、MITくらいになると論文ばかり書いていると怪しまれる。それ以上にすごいことをしないと評価されない。」 2009/06/19
19:09:36
link
kiwofusi ミンスキー「物理学ではシンプルで統合的な理論が評価されるが、人間の頭は膨大なファンクションからできているので総合的には説明できない。ルール推論、神経、ファジーなど、みんなが専門をばらばらにやってきたせいでうまくいかないのでは」 2009/06/19
19:12:01
link
kiwofusi ミンスキー「同時にいろいろ考えることはできる。マシーンに何ができてできあないかを考えるのは時間の無駄」、「人間の常識はCDに入るくらいの常識で考えているので、(常識をもったコンピュータは)そんなに難しくない 2009/06/19
19:22:34
link
kiwofusi 終了。 2009/06/19
19:25:35
link
shobyshoby 「動物は強化学習で進化を続けてきたが,進化ってのはすごくゆっくりだし,生き残れなかったのは絶滅している。それに進化したやつも絶滅する可能性があるから進化ってのは必ずしも良いことではない」ってことらしい<進化 2009/06/19
19:37:08
link
shobyshoby ミンスキーに聞いても仕方ないと思ったのであとでT林さんに聞きに行きました 2009/06/19
19:37:30
link
shobyshoby せっかくなので@kiwofusiメモに無い内容を書いていく 2009/06/19
19:41:51
link
shobyshoby 「心理学者は動物を使って強化学習の実験ばかりを行ってきたが,強化学習ってのは本能に近い低次のレベルであって,人間はもっと高次のレベルで物を学習できる」 2009/06/19
19:45:19
link
shobyshoby 「ニューラルネットは強化学習による確率論だが,『確率で何ができる』としか言えないのは何もできないのと同じ」 2009/06/19
19:46:37
link
shobyshoby 「今の教育では正解ばかり与えるポジティブな強化学習だが,人間はミスからのネガティブな学習も行うことができる」 2009/06/19
19:48:56
link
shobyshoby 「ニューラルネットとかチョムスキーみたいな言語の文法とか簡単だからみんな分かっていい気になって研究してるけどそれ意味あんの?」 2009/06/19
19:51:01
link
shobyshoby 結論:「Emotion Machineの翻訳版買え^^」 2009/06/19
19:52:24
link

トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20090620
|