Hatena::Groupgeneration1986

omote87 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ura87 no omote

メインのブログ(d:id:kiwofusi)は日本語の読めるひとみんなに読んでもらいたいので、作業メモやソースコードなどはこちらに書きます。

 | 

2009年06月20日(土)

[][][][]講演ログ:2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」 08:36 はてなブックマーク - 講演ログ:2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」 - omote87 講演ログ:2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」 - omote87 のブックマークコメント

2009年6月19日 Marvin Minsky「コンピュータ科学の未来:常識あるロボットの実現に向けて」

この日のログ:g:twitter:id:kiwofusi:20090619

tsudaってみた感想:誰のためにtsudaる - 反言子

kiwofusi ミンスキー「ガッコウは考えることを教えない。なぜ心理学を教えないのか」 理想的には科目を学んでいく上で学習者がメタ認知を身につけるってことなんだろうなあ。 2009/06/19
18:07:01
link
kiwofusi ミンスキー「コンピュータ科学者は強化学習みたいなのをいっしょうけんめいやってきた。100年の歴史があるが、標準的な強化学習はおかしいし、次に何をやればいいのか示せなかった。」 2009/06/19
18:09:21
link
kiwofusi ミンスキー「心理学を教えないのは人間がまだ謎だらけだから。人間が考えるようなマシーンをつくりたい。たとえば10歳の子どもにプログラムをつくらせたい。10歳はもっともインテリジェントだ」 2009/06/19
18:14:22
link
kiwofusi ミンスキー「コンピュータサイエンスが重要なのはコンピュータそのものの科学ではないから。物理学は数学を使って現象を記述するが、現実の複雑な問題は解けない。しかし1980年代にコンピュータで太陽系が500万年は安泰であることを証明した。方程式で解けない問題が解けた」 2009/06/19
18:20:09
link
kiwofusi ミンスキー「いまの教育は標準的な答えを求める。正の強化学習という理論で動物もこのように学習する。人間にはもうひとつの学習がある。本能→Learned Reactions→デリバレイティブ思考→リフレクティブ思考→self思考(『脳の探検』)と、いろんなレベルがある。」 2009/06/19
18:25:16
link
kiwofusi ミンスキー「人間はどういう間違いがいけないかを考える。そのプロセスを飛ばして正しいことだけを教えるのはおかしい。」 2009/06/19
18:28:35
link
kiwofusi ミンスキー「進化は愚かなことだ。単純に適応するだけではすぐ絶滅する(ってことかな?)。強化学習はニューラルネットと同じで、本能に近い話。AIの分野で人気があるが、進化だけではうまくいかない。人間はうまくいかない例を学習する。」 2009/06/19
18:32:38
link
kiwofusi ミンスキー「積み木で三つのパーツでアーチをつくるという問題のセオリーがわかるか。画像ではわからない(ニューラルネットはそんな程度の試み)。柱が二本あって、てっぺんに一本あって、これらがsupportしているという関係を記号で表せる。人間はこういう記号をどんどん操作できる」 2009/06/19
18:38:45
link
kiwofusi 竹林「脳の探検買ってね!」 2009/06/19
18:47:10
link
kiwofusi 竹林「一年では読めないような本なので高くない」 この手の、ある分野をズドーンとまとめた本ってほとんど外国人ですよねえ。 2009/06/19
18:48:00
link
kiwofusi ちょっと聞き逃したけど「「すべきではない点を取り入れた研究」があってミンスキーは評価していた。 2009/06/19
18:50:55
link
kiwofusi ミンスキー「Microsoft Office is wonderful」 2009/06/19
18:53:15
link
kiwofusi ミンスキー「チョムスキーは言葉の並び方だけで意味を考えようとした。シンプルで有名な理論だが、おかしくはないか。他方でセマンティックスの問題はみんなわからないので仕事になりにくい。1985年にはだれも新しいプログラムを書かなくなった」 2009/06/19
18:55:32
link
kiwofusi ミンスキー「1964年に文章題を解けるプログラムをつくった。意味はわからないが、方程式のような関係をつくって解いた(バブルさん?)。1970年にもまたすごいのができた(グラウドさん)(聞き逃し)。難しい問題のほうが先にできて、簡単な問題はまだできない。」 2009/06/19
18:58:59
link
kiwofusi ミンスキー「幼児のコモンセンスをコンピュータに入れるプロジェクトがいまある。幼児も紐は引っ張れるが押せないという常識をもっている。ふたりの子どもが積み木で遊んでいるだけで10個のことを考える(積み木の構造、見た目、完成図など)。コンピュータにはできない、すごいことだ。」 2009/06/19
19:04:07
link
kiwofusi ミンスキー「1980年代でストップしたのは、間違いのない理論を組むことにこだわったから」 2009/06/19
19:07:39
link
kiwofusi ミンスキー「ジャーナルはみんなが読めないので、MITくらいになると論文ばかり書いていると怪しまれる。それ以上にすごいことをしないと評価されない。」 2009/06/19
19:09:36
link
kiwofusi ミンスキー「物理学ではシンプルで統合的な理論が評価されるが、人間の頭は膨大なファンクションからできているので総合的には説明できない。ルール推論、神経、ファジーなど、みんなが専門をばらばらにやってきたせいでうまくいかないのでは」 2009/06/19
19:12:01
link
kiwofusi ミンスキー「同時にいろいろ考えることはできる。マシーンに何ができてできあないかを考えるのは時間の無駄」、「人間の常識はCDに入るくらいの常識で考えているので、(常識をもったコンピュータは)そんなに難しくない 2009/06/19
19:22:34
link
kiwofusi 終了。 2009/06/19
19:25:35
link
shobyshoby 「動物は強化学習で進化を続けてきたが,進化ってのはすごくゆっくりだし,生き残れなかったのは絶滅している。それに進化したやつも絶滅する可能性があるから進化ってのは必ずしも良いことではない」ってことらしい<進化 2009/06/19
19:37:08
link
shobyshoby ミンスキーに聞いても仕方ないと思ったのであとでT林さんに聞きに行きました 2009/06/19
19:37:30
link
shobyshoby せっかくなので@kiwofusiメモに無い内容を書いていく 2009/06/19
19:41:51
link
shobyshoby 「心理学者は動物を使って強化学習の実験ばかりを行ってきたが,強化学習ってのは本能に近い低次のレベルであって,人間はもっと高次のレベルで物を学習できる」 2009/06/19
19:45:19
link
shobyshoby 「ニューラルネットは強化学習による確率論だが,『確率で何ができる』としか言えないのは何もできないのと同じ」 2009/06/19
19:46:37
link
shobyshoby 「今の教育では正解ばかり与えるポジティブな強化学習だが,人間はミスからのネガティブな学習も行うことができる」 2009/06/19
19:48:56
link
shobyshoby 「ニューラルネットとかチョムスキーみたいな言語の文法とか簡単だからみんな分かっていい気になって研究してるけどそれ意味あんの?」 2009/06/19
19:51:01
link
shobyshoby 結論:「Emotion Machineの翻訳版買え^^」 2009/06/19
19:52:24
link

トラックバック - http://generation1986.g.hatena.ne.jp/kiwofusi/20090620
 |